首页> 外文期刊>栄養学雑誌 >料理中の栄養素及び食品構成による料理群分類方法の検討~クラスター分析による料理型との比較~
【24h】

料理中の栄養素及び食品構成による料理群分類方法の検討~クラスター分析による料理型との比較~

机译:基于烹饪中营养成分和食物成分的烹饪组分类方法的检验-聚类分析与烹饪类型的比较-

获取原文
获取原文并翻译 | 示例

摘要

日本人の望ましい食生活の指針として,厚生労働省,農林水産省,文部科学省が合同で2000年3月に「食生活指針」を策定し,それを具体的な行動に移すためのものとして厚生労働省と農林水産省が日本版フードガイド「食事バランスガイド」を2005年6月に発表した。 また,同時期に成立した「食育基本法」に基づき,2006年3月には食育推進会議において「食育推進基本計画」が決定され,その目標の1つに「食事バランスガイド」等を参考に食生活を送っている国民の割合の増加が挙げられている。
机译:厚生劳动省,农林水产省和教育,文化,体育,科学和技术部于2000年3月共同制定了《饮食习惯指南》,作为日本人理想的饮食习惯和福利的指南,并将其付诸实践。劳工部和农林水产省于2005年6月发布了日文版食品指南“饮食平衡指南”。此外,根据同时制定的《食品教育基本法》,2006年3月在食品教育促进会上决定了《食品教育促进基本计划》,其目标之一是《饮食平衡指南》。作为参考,提到增加了饮食习惯的人的比例。

著录项

相似文献

  • 外文文献
  • 中文文献
  • 专利
获取原文

客服邮箱:kefu@zhangqiaokeyan.com

京公网安备:11010802029741号 ICP备案号:京ICP备15016152号-6 六维联合信息科技 (北京) 有限公司©版权所有
  • 客服微信

  • 服务号