...
首页> 外文期刊>電子情報通信学会技術研究報告. 思考と言語. Thought and Language >日本語教育学における「標準化」イデオロギーの解明-マルクス主義と記号論の観点から
【24h】

日本語教育学における「標準化」イデオロギーの解明-マルクス主義と記号論の観点から

机译:从马克思主义和象征主义的角度阐明日语教育中的“标准化”思想 - 从马克思主义和象征主义的角度

获取原文
获取原文并翻译 | 示例

摘要

日本語教育学において、学習者が晒され続ける「標準化」問題については、先行研究によって僅少ながら機会を得て批判されてきた。その批判はおよそイデオロギーを回避しない、寧ろそれを基点として明噺化されなくてはならないにも関わらず、イデオロギーの理論的性質を包含する解明は現状、決定的に欠如している。それ故先行研究の批判とはそもそも妥当性を獲得しきれないものであると考えられるが、本稿はそうした現状に対する一つの解決へと繋がるものである。即ち、その前提としてマルクス主義的な「物象化」の概念を、更に生成過程として記号論におけるコードの理論を取り上げ、それらに対する批判観点と併せて理論的解明を試みるものである。更に、「標準化」問題のより根源的な展開、つまりそのイデオロギー的側面は当事者として学習者より寧ろ社会における包括的な主体を捉えるものであるとする考察を見据えても、あるいは現実としてのイデオロギーを捉えた先で行われる、権力のうちに拡大する問題、冷笑的に見過ごされる諸課題や日本語教育学における閉鎖的側面を述べる前段階、あるいは土台を示すものとしても、理論的解明は意義を持つものであろう。
机译:在日语教育中,学习者继续暴露的“标准化”问题一直受到批评,这有机会在上一项研究中获得一些。其批评并未避免意识形态,而不是被清除为基点,澄清包括意识形态的理论特性的阐明。在批评前面的研究时被认为能够首先赚取有效性,但本文导致这种情况的一个解决方案。也就是说,作为Marxistist的概念的前提,符号理论中的代码理论被作为进一步的过程占据,并且与他们的批评一起尝试理论阐明。此外,“标准化”问题的更基本的发展,即其意识形态方面,作为各方,即使是理论阐明也有意义,即使是在权力中扩展的问题,在电力中扩展的问题以及关闭的问题在日语教育或基础中的一面。它会有。

著录项

相似文献

  • 外文文献
  • 中文文献
  • 专利
获取原文

客服邮箱:kefu@zhangqiaokeyan.com

京公网安备:11010802029741号 ICP备案号:京ICP备15016152号-6 六维联合信息科技 (北京) 有限公司©版权所有
  • 客服微信

  • 服务号