首页> 外文期刊>日本緑化工学会誌 >富士山南麓の広葉樹林復元のための管理方法の検討: 下刈り方法の違いによる10年間の植生変化
【24h】

富士山南麓の広葉樹林復元のための管理方法の検討: 下刈り方法の違いによる10年間の植生変化

机译:浅谈南脚南脚阔叶林恢复的管理方法。富士:10年由于拘留方法差异导致的植被变化

获取原文
获取原文并翻译 | 示例
           

摘要

富士山南麓標高960-1015 mの富士山国有林内で,風倒害 をうけたヒノキ人工林を広葉樹林化するために最適な下刈り方法 を検討した。年2回下刈りを行った調査区は樹高成長が遅く ,林 冠がうつ閉していなかった。年1回以下の下刈りを行った調査区 は樹高成長が大きく 9年目に林冠がうつ閉した。刈り取り高が低 い調査区では風散布型樹種が,刈り取り高が高い調査区は鳥散布 型樹種の実生定着が多かった。無処理区は樹木の被圧によりスス キが消失した場所への侵入が新たに見られた。下刈り頻度や刈り 取り高の違いにより光環境や本数密度に違いが生じ,異なる樹種 の実生が定着する結果となっており,異なる下刈り方法を組み合 わせることで林分全体の種多様性が高くなることが示唆された。
机译:Mt.富士东南鲁阿里亚在富士国家森林中960-1015米,我们检查了最优抵押方法,成为一个硬木森林丛生人工林。 研究病房每年减少两次,树高,森林皇冠没有关闭。 每年收获一次的调查区大大发展,树木在九年内大大发展。 在收获高度较低的调查领域,采伐高度高的调查领域,具有高切削高度的调查区域具有许多鸟螺纹型树种幼苗。 未经治疗的病房在苏斯基因树木压力损失的地方进行了新发现。 由于滞留频率和切口增加之间的差异,获得了光环境的数量和数量密度的差异,并且通过组合不同,建立了不同种类的种类的幼苗,以及整个森林的种类劣化方法。有人建议性别很高。

著录项

相似文献

  • 外文文献
  • 中文文献
  • 专利
获取原文

客服邮箱:kefu@zhangqiaokeyan.com

京公网安备:11010802029741号 ICP备案号:京ICP备15016152号-6 六维联合信息科技 (北京) 有限公司©版权所有
  • 客服微信

  • 服务号