...
首页> 外文期刊>食品工業 >新時代に生きる外食産業の経営革新--今や家庭料理はいらないというまで外食業界の努力はみのるか
【24h】

新時代に生きる外食産業の経営革新--今や家庭料理はいらないというまで外食業界の努力はみのるか

机译:生活在新时代中的餐饮业的管理创新-餐饮业的努力是否到了不再需要家庭烹饪的地步?

获取原文
获取原文并翻译 | 示例
   

获取外文期刊封面封底 >>

       

摘要

十数年の長きにわたり停滞を続けていた日本経済も、緩やかな景気回復をたどりつつあるところから、外食企業の経営者の関心は、次の長期的課題へと移りつつある。 すなわち急速な少子化、高齢化が進行していく中での今後の経済、社会の変化や消費構造の変化にいかに適応し、変革していくかという課題である。 政界では後藤田正晴氏が世を去り、流通界ではダイエーの中内功氏が、また外食産業界では日本マクドナルドの藤田田氏が、いずれもここ1、2年の間に世を去った。 過去は過ぎ行き、あらゆる面で一大変化が起きている。今までの経験が生きない時代になってきたということである。
机译:停滞了十多年的日本经济也正在逐步复苏,餐饮业企业主的兴趣正转向下一个长期问题。换句话说,问题是随着出生率迅速下降和人口老龄化,如何在未来的经济和社会变化以及消费结构的变化中适应和转变。后藤正晴已经在政治世界中去世了,在发行业中的大荣Isao Nakauchi在食品和饮料行业中已经去世,日本麦当劳的Fujita在食品和饮料行业也去世了,在过去的一两年中都去世了。过去已经过去,各个方面都发生了重大变化。这意味着我们正处在一个迄今为止无法拥有的经验的时代。

著录项

相似文献

  • 外文文献
  • 中文文献
  • 专利
获取原文

客服邮箱:kefu@zhangqiaokeyan.com

京公网安备:11010802029741号 ICP备案号:京ICP备15016152号-6 六维联合信息科技 (北京) 有限公司©版权所有
  • 客服微信

  • 服务号