首页> 外文期刊>コンクリ—ト工学 >東北大学ィンフラ·マネジメント研究センターの活動と人材育成
【24h】

東北大学ィンフラ·マネジメント研究センターの活動と人材育成

机译:托福大学旗帜旗杆管理研究中心的活动与人力资源开发

获取原文
获取原文并翻译 | 示例
           

摘要

2013年に発生した笹子トンネル天井板落下事故を大きな契機として,我が国のインフラ維持管理に関する取組みは大きく変化し,新たなステージへの転換の時期に移行した。すなわち,インフラの老朽化対策を契機として,国土強靭化を具現化するための防災·減災の強化やITなどの先端技術の導入を推進することにより,建設工事の生産性を向上させ,従事する者の働き方を改革し,自動運転などの他産業の基盤となるィンフラを創出するなど,新しい未来の建設に生まれ変わるステージに突入したと言っても過言ではない。
机译:作为2013隧道隧道天花板落下事故的主要触发器,日本基础设施维护管理的努力发生了重大变化,并转变为新的阶段转换。换句话说,作为基础设施老化措施的老龄化,我们通过促进防灾和减缓来改善建筑工程的生产力,以实现国内和土地增韧,引入先进技术,聘用它毫不夸张地改革工作的方式关于新的未来建设的工作,如改革如何工作和创造新的未来建筑,如自动驾驶。

著录项

  • 来源
    《コンクリ—ト工学》 |2021年第1期|76-82|共7页
  • 作者

    久田 真; 鎌田 貢;

  • 作者单位

    東北大学大学院工学研究科;

    東北大学大学院工学研究科;

  • 收录信息
  • 原文格式 PDF
  • 正文语种 jpn
  • 中图分类
  • 关键词

相似文献

  • 外文文献
  • 中文文献
  • 专利
获取原文

客服邮箱:kefu@zhangqiaokeyan.com

京公网安备:11010802029741号 ICP备案号:京ICP备15016152号-6 六维联合信息科技 (北京) 有限公司©版权所有
  • 客服微信

  • 服务号