...
首页> 外文期刊>電子情報通信学会技術研究報告. マルチメディア·仮想環境基礎 >短焦点プロジェグタを用いた多人数共有型立体表示装置の試作と検討
【24h】

短焦点プロジェグタを用いた多人数共有型立体表示装置の試作と検討

机译:使用短焦投影机的多人共享立体显示设备的试用和研究

获取原文
获取原文并翻译 | 示例
   

获取外文期刊封面封底 >>

       

摘要

我々は,単一の固定されたディスプレイで,利用者のインタラクティブな視点移動による運動視差を与えることができ,3人以上の利用者全てに対して,フリッカとひずみがない適切な立体画像を表示できる多人数共有型立体表示装置IllusionHoleを提案し,検討を進めている.この考えに基づいて,2台の短焦点プロジェクタと円偏光板を用いたパッシブな立体視により,4側面にプロジュクタボックスなどの邪魔な張出しがないIllusionHoleを試作した.これにより,利用者はディスプレイの全ての辺を等価に利用して立体画像を観察することができる.本稿では,この装置の設計について検討した結果について報告する.
机译:通过一个固定的显示器,我们可以通过用户的交互式视点移动来给出运动屈光度,并为所有三个或更多用户显示适当的立体图像,而不会闪烁和失真。我们已经提出了可以使用的多人共享立体显示设备“幻觉洞”,并且正在对其进行研究。基于此想法,我们使用两个短焦投影仪和一个圆偏振片通过被动立体视觉对没有四个障碍物的假想孔进行了原型制作,例如四个侧面的投影仪盒。这允许用户通过均等地使用显示器的所有侧面来观察立体图像。在本文中,我们报告了检查该设备设计的结果。

著录项

相似文献

  • 外文文献
  • 中文文献
  • 专利
获取原文

客服邮箱:kefu@zhangqiaokeyan.com

京公网安备:11010802029741号 ICP备案号:京ICP备15016152号-6 六维联合信息科技 (北京) 有限公司©版权所有
  • 客服微信

  • 服务号