首页> 外文期刊>農業農村工学会誌. 水土の知 >ため池±是体改修における中層地盤改良工法による 基础軟弱地盤処理
【24h】

ため池±是体改修における中層地盤改良工法による 基础軟弱地盤処理

机译:水库±地基修复中采用中层地面改良法对地基进行软土地基处理

获取原文
获取原文并翻译 | 示例

摘要

小友沼ため池は,秋田県北部の能代市に位置し,国道7号 線とJR奥羽本線に囲まれた受益面積232 haに灌漑する農業 用ため池である。江戸初期に築造されてから350年以上経過 し,老朽化と堤体全体から漏水が認められ,平成16年度にた め池等整備事業が着手された。平成21年度には日本有数のガ ン,カモといった渡り鳥の重要な中継飛来地として「ため池百 選」にも選ばれており,環境への配慮力s重要な課題となってい た。本報では,軟弱地盤の土壌改良について,施工性や環境保 護の面から,周辺への影響を最小限とする工法選定を行つたこ とについて報告する。
机译:Otomuma水库是位于秋田县北部的Noshiro市的一个农业水库,灌溉了232公顷的受益地区,被7号国道和JR Ou干线包围。自江户时代初期建成以来,已经过去了350多年,整个河岸都出现了老化和漏水现象,2004年开始了池塘等维护项目。 2009年,它被选为日本主要的for鸟和鸭等候鸟迁徙目的地之一,并被选为“ 100个最佳水库池塘”之一,使其成为考虑环境问题的重要问题。在本报告中,我们报告了在可操作性和环境保护方面对软土地基改良的施工方法的选择,这些方法应尽量减少对周围地区的影响。

著录项

相似文献

  • 外文文献
  • 中文文献
  • 专利
获取原文

客服邮箱:kefu@zhangqiaokeyan.com

京公网安备:11010802029741号 ICP备案号:京ICP备15016152号-6 六维联合信息科技 (北京) 有限公司©版权所有
  • 客服微信

  • 服务号