首页> 外文会议> >電気的磁気共鳴法用いたNV中心によるAC磁場測定と感度のゼロ印可電圧付近の電圧依存性
【24h】

電気的磁気共鳴法用いたNV中心によるAC磁場測定と感度のゼロ印可電圧付近の電圧依存性

机译:交流磁场测量的电压依赖性和电磁共振法灵敏度的灵敏度。

获取原文

摘要

ダイヤモンド中のNV中心は,室温下でも長いコヒーレンス時間を有するため量子センサや量子情報処理デバイスへの応用が期待されている[1].これらの量子デバイスの集積化や高度化等に向けて,電気的なスピン状態の検出(EDMR)法が注目されている[2-5].最近我々はEDMRの技術開発を行っており,室温での核スピンコヒーレンスの観測に固体で初めて成功していたが[5],今回NV中心で初めてEDMRによるAC磁場測定に成功した(Fig. 1).
机译:由于钻石中的NV中心即使在室温下具有长的相干时间,则预计将应用于量子传感器和量子信息处理装置[1]。为了实现这些量子器件的集成和推进,电动旋转状态的检测(EDMR)方法吸引了注意力[2-5]。最近我们正在开发EDMR技术,并且在室温下观察核自旋相干性,但[5],这一次,通过EDMR在NV的中心成功测量EDMR(图1)。

著录项

相似文献

  • 外文文献
  • 中文文献
  • 专利
获取原文

客服邮箱:kefu@zhangqiaokeyan.com

京公网安备:11010802029741号 ICP备案号:京ICP备15016152号-6 六维联合信息科技 (北京) 有限公司©版权所有
  • 客服微信

  • 服务号