首页> 外文会议>日本建築学会大会 >国立西洋美術館所蔵建築資料のァ一力イヴ化に関する研究
【24h】

国立西洋美術館所蔵建築資料のァ一力イヴ化に関する研究

机译:西方艺术博物馆西部博物馆融合研究

获取原文

摘要

国立西洋美術館本館は戦後仏政府から寄贈返還された「松方コレクション」を収蔵する美術館としてル?コルビュジェにより設計され、直弟子である前川國男、坂倉準三、吉阪隆正の協力のもと1959年に竣工した。2007年重要文化財(建造物)に指定され、現在世界遺産推薦書類「ル?コルビュジェの建築作品一近代建築運動への顕著な貢献一」に構成資産のひとつとして掲載されている。近代建築の文化資産として「保存」が求められる一方で、現用の美術館としての機能の維持、安全性の確保が求められる 「活用」という観点では相反するものもある。
机译:西方艺术博物馆西方艺术博物馆博物馆博物馆是由艺术博物馆设计成由松方收藏”,这是从战役战争完成恢复举行。 2007年的一个重要文化财产(建筑物)被指定为文化财产,以及世界遗产推荐声明“乐?Corbugge的建筑作品是一年的建筑运动的卓越贡献。”虽然“保存”作为现代建筑的文化资产,但在“使用”的情况下,根据需要维护功能,以确保安全和一些矛盾。

著录项

相似文献

  • 外文文献
  • 中文文献
  • 专利
获取原文

客服邮箱:kefu@zhangqiaokeyan.com

京公网安备:11010802029741号 ICP备案号:京ICP备15016152号-6 六维联合信息科技 (北京) 有限公司©版权所有
  • 客服微信

  • 服务号