【24h】

歌声の個人性に着目した主旋律歌唱からのコーラス歌唱合成手法

机译:合唱歌唱歌唱综合方法,唱歌唱歌的人格

获取原文
获取原文并翻译 | 示例

摘要

主旋律歌唱者から歌唱者の声質(個人性)が保持された副旋律歌唱を作成し,コーラス歌唱を生成することができれば,計算機を用いた歌声製作の表現の可能性を広げる期待ができる.本研究では,歌唱の個人性が保持される声の高さ(P0)の範囲を調査し,歌唱者独自のコーラス歌唱を生成する条件について検討した.その結果,-4半音から+5半音までの範囲で歌声の個人性が保持されることを確認した.この結果に基づいて合成したコーラス歌唱を評価した結果,男性歌唱者において±3~±4半音の範囲で個人性が保持されたコーラス歌唱を合成可能なことが確認された.
机译:如果您从主旋律(个性)唱歌(个性)举办的音乐家唱歌(个性)举办的二级旋律歌曲,并且产生合唱团唱歌,您可以期待使用计算机表达歌声的可能性。 在这项研究中,我们检查了唱歌之声的语音高度(P0)的状况,并检查了生产歌唱人自己的合唱歌唱的条件。 结果,证实歌唱声音的个性从-4个半音举行到+5个半音范围。 由于评估基于该结果合成的合唱歌曲,证实,在雄性歌手中,其中个性在±3至±4个初学范围内的合唱歌曲可以得到合成。

著录项

相似文献

  • 外文文献
  • 中文文献
  • 专利
获取原文

联系方式:18141920177 (微信同号)

客服邮箱:kefu@zhangqiaokeyan.com

京公网安备:11010802029741号 ICP备案号:京ICP备15016152号-6 六维联合信息科技 (北京) 有限公司©版权所有
  • 客服微信

  • 服务号