【24h】

ヒストン脱メチル化酵素LS D1を介した活性酸素産生による軒寫制御機構

机译:制御制御制御制御制御制御制御制御制御轩轩轩轩轩轩轩

获取原文
获取原文并翻译 | 示例

摘要

LSD1(lysine specific demethylase 1:別名AOF2またはKDMI)は。近年初めて見いだされたヒストン脱メチル化酵素であり. 試験管内ではモノまたはジメチル化されたヒストンH3の4番目のUジン(H3K)を特異的に脱メチル化する1). LSD1は852アミノ酸からなる夕ンパク質で酵母からヒトまで広く存在しており。浦乳類ではさらにLSDのアイソフオームであるLSDZ/AOFがある2)これらの夕ンパク質はC末端側にフラビンを結合するアミンオキシダーゼドメイン(AOD)を有する3). 4 ) (M 1 A).LSDIのアミンオキシダーゼドメインは構造学的にもモノアミンオキシダーゼ(MAO)やポリアミンオキシダーゼ(PAO)と類似しており.同様な触媒機能を有するものと推測される. LSD1の特徴はヒストン脱メチル化と共役して過酸化水素(H_2O_2)とホルムアルデヒドを生成することであり(図1C),umonjiドメインを有する他のヒストン脱メチル化酵素ではH_2O_2は産生しない.
机译:LSD1(赖氨酸特异性去甲基酶1:可用AOF2或KDMI)。近年来首次发现的组蛋白去甲基化酶。在试管中,单可以或二甲基化组蛋白H3的第四U-GIN(H3K)是特异性去甲基化的1)。 LSD1广泛存在于酵母与晚上帕克曼组成的人类,由852个氨基酸组成。在URA MOSA中,有一个LSDZ / AOF,即LSD的ISOFOHO。2)这些晚间公园具有与C末端3结合黄素的胺氧化酶结构域(AOD)。4)(M 1 A) .LSDI胺氧化酶结构域在结构上类似于单胺氧化酶(MAO)和多胺氧化酶(PAO)。推测有类似的催化功能。将LSD1的特性与组蛋白去甲基化缀合并形成过氧化氢(H_2O_2)和甲醛(图1C),H_2O_2不是在具有uMONJI结构域的其他组蛋白去甲基化酶中产生的。

著录项

  • 来源
    《细胞工学》 |2012年第2期|共2页
  • 作者

    伊東健;

  • 作者单位

    弘前大学大学院医学研究科分子生体防御学講座;

  • 收录信息
  • 原文格式 PDF
  • 正文语种 jpn
  • 中图分类 Q78;
  • 关键词

相似文献

  • 外文文献
  • 中文文献
  • 专利
获取原文

联系方式:18141920177 (微信同号)

客服邮箱:kefu@zhangqiaokeyan.com

京公网安备:11010802029741号 ICP备案号:京ICP备15016152号-6 六维联合信息科技 (北京) 有限公司©版权所有
  • 客服微信

  • 服务号