【24h】

日本企業における戦略的クオリテイ教育--クオリティ教育におけるベストプラクティスの抽出と分析

机译:日本公司的战略素质教育-素质教育最佳实践的提取和分析

获取原文
获取原文并翻译 | 示例

摘要

戦後,日本の製造業の発展を支えてきた,クオリティ教育について,品質経営を実践している先進企業のクオリティ教育の実態を歴史的に調査·分析し,本論文てはその教育が経営イノベーションとどのように関係しているのかについて仮説·検証した.対象とした企業は, 2004年と2005年に日科技連と日本経済新聞社が実施した「企業の品質経営度調査」の上位企業となった日本を代表する製造業で,トヨタ自動車,桧下電器産業,NEC,テンソー,コニカミノルタ,コマツおよびサンデンの各社である.本研究から次のことが明らかとなった.第一に,クオリティ教育そのものが,品質経営の進化に対応して進歩·発展していること.第二に,クオリティ教育が経営イノベーションを果たす上で,常に重要な役割を担い,少なくとも4つの共通したベストプラクティスを持っていること.第三に,クオリティ教育はその教育対象となる人材(ストソク型リソース)の特性と激変する経営環境の特質から,教育そのものが企業戦略や経営イノベーションと連動して戦略的に推進する必要のあること.これらの知見は,今後の企業の経営イノベーションとクオリティ教育のあり方に指針を与えるものとなろう.
机译:关于战后支持日本制造业发展的素质教育,我们对历史上进行质量管理的先进企业的素质教育的现状进行了历史调查和分析,本文将这种教育称为管理创新。我们假设并验证了它们之间的关系,在2004年和2005年由Nikkagiren和Nihon Keizai Shimbun进行的“公司质量管理调查”中,目标公司排名很高。日本领先的制造业,丰田汽车公司,日田电气工业株式会社,NEC,Tenso,柯尼卡美能达,小松和三电,从这项研究中可以弄清以下几点:首先,素质教育它是随着质量管理的发展而进步和发展的;其次,质量教育在实现管理创新中始终发挥着重要作用,并且至少具有四个共同的最佳实践。第三,由于要受教育的人力资源(斯托克式资源)的特征和经营环境的急剧变化,需要结合公司战略和管理创新从战略上促进素质教育。这些发现将为未来的公司管理创新和素质教育提供指导。

著录项

相似文献

  • 外文文献
  • 中文文献
  • 专利
获取原文

联系方式:18141920177 (微信同号)

客服邮箱:kefu@zhangqiaokeyan.com

京公网安备:11010802029741号 ICP备案号:京ICP备15016152号-6 六维联合信息科技 (北京) 有限公司©版权所有
  • 客服微信

  • 服务号