您现在的位置:首页> 外文期刊>科学新聞 >文献详情

マクロファージ活性化で尿路結石予防の可能性

机器翻译通过巨噬细胞活化预防尿路结石的可能性

原文传递 原文传递并翻译 加入购物车 收藏
0.3 【6hr】

【摘要】腎臓内で形成された石が下降し て、尿管が詰まる尿路結石は、強 烈な背部痛を引き起こし、放置す ると腎不全や尿路感染を弓Iき起こ し命にも関わる。尿路結石の患者 は赶年増加しているが、その予防 法は「水をしつかり摂ること」と レ、つたことしかなかつた。名古屋巿立大学大学院医学研究 科の岡田淳志准教授らは、ヒトの 尿を用いた解析で、尿路結石患者 と健常者をハツキリと区別しうる尿中マーカー(ILの4、1a、 1b、10およびGM - CSF)を 発見し、さらに尿中のマグネシゥ ムを加えることによって、その診 断力はさらに増すことを証明し た。Clinical and Experimental Nephro logyに21日掲載された。

【作者】;

【作者单位】;

【年(卷),期】2019,,3715

【页码】4-4

【总页数】1

【正文语种】jpn

【中图分类】;

【关键词】;