您现在的位置:首页> 外文期刊>科学新聞 >文献详情

【6h】遺伝研グループ : 細胞壁の形成促進新タンパク質発見 仕組み解明でバイオ燃料開発期待

机译NIG Group:发现促进细胞壁形成的新蛋白质通过阐明机制对生物燃料发展的期望

【摘要】植物の細胞壁は、陸上に存在する最大の生物資源であり、次世代バイオ素材やバイオ燃料の原料としても注目されている。国立遺伝学研究所の小田祥久准教授らの研究ダループは、細胞壁が活発につくられる道管に着目することで、細胞壁の形成を促進する新しいタンパク質WALとBDR1を世界に先駆けて発見した。WALタンパク質は、細胞壁成分の輸送を担うァクチン繊維を集め、BDR1タンパク質は、WALがァクチン繊維を集める場所を決定していた。つまり、これらのタンパク質がァクチン繊維の集積を制御することで、細胞壁の形成を制御していることが明らかになつた。これらのタンパク質を利用して細胞壁の形成を促進することができれぱ、細胞壁の生産量の多い植物の開発につながると期待される。Nature Communicationsに28日掲載された。

【作者】

【作者单位】;

【年(卷),期】2019(),3715

【年度】2019

【页码】4-4

【总页数】1

【正文语种】jpn

【中图分类】;

【关键词】

  • 相关文献