【24h】

海岸工学で実施する調査•観測では,沿岸域の水 質や環境,流体の諸量をデータ化する.波高計,流速 計や水質センサ,測量機器を用いて,波や流れ,水質 や地形を把握する.近年,情報技術の発展とともに 小型なセンサ類や通信機能を備えた計測機器力';用いら れるようになってきた.これによつて環境を大量にデー タ化できるようになり,従来型の観測では解明が困難 であった沿岸域の諸現象を紐解くことが可能になって きた.沿岸域のビッグデータ(Coastal Big Data2),こ こでは多様性ではなく量に主眼を置く)の研究とその 活用は活発化する流れにあり,海岸工学における情報 処理技術の重要性はさらに高まっている.未来のIT技術者,研究者へ

机译:在沿海工程进行的调查和观察中,将沿海地区的水质,环境和各种流体转换成数据。近年来,随着信息技术的发展,已经开始使用具有通信功能的小型传感器和测量仪器,这使得在环境中创建大量数据成为可能。揭开传统观测难以解释的沿海地区现象成为可能:沿海大数据2,其重点是数量而不是多样性。信息技术的研究和利用正变得越来越活跃,信息处理技术在海岸工程中的重要性正在提高。

获取原文
获取原文并翻译 | 示例

摘要

これまでの多くの事柄について,未来予測は困難を極め,情報分野におけるコンピュータもインターネットも,登場したときに,専門家でさえ,その未来に共感できていたわけではない.私が大学院の学生であったとき,幸いにも,パケット交換方式,ARPANET関連の論文などから当時の最新事情に触れることができたが,もちろんのこと,インターネットもLANもなく,今のようなネットワーク環境を想像することはできなかった. しかし一方で,慧眼の持ち主もおり,感受性豊かな人もいるのである.
机译:到目前为止,对于很多事情而言,未来是很难预测的,即使信息领域的计算机和互联网出现了,甚至专业人士也无法同情我是一名研究生。幸运的是,我能够从有关分组交换和ARPANET的论文中了解当时的最新情况,但是,当然,我无法想象没有Internet和LAN的当前网络环境。不,但是,另一方面,有些人敏锐的眼睛,有些则敏锐。

著录项

  • 来源
    《情報処理》 |2019年第3期|242-242|共1页
  • 作者

    尾家祐ニ;

  • 作者单位

    九州工業大学;

  • 收录信息
  • 原文格式 PDF
  • 正文语种 jpn
  • 中图分类
  • 关键词

相似文献

  • 外文文献
  • 专利
获取原文

联系方式:18141920177 (微信同号)

客服邮箱:kefu@zhangqiaokeyan.com

京公网安备:11010802029741号 ICP备案号:京ICP备15016152号-6 六维联合信息科技 (北京) 有限公司©版权所有
  • 客服微信

  • 服务号