【24h】

母親特有の話し方は日本語リズムの獲得に役立っか?対乳児音声における特殊拍音素の分布から

机译:母亲独特的说话方式是否有助于掌握日本的节奏?从婴儿语音中特殊音素的分布

获取原文
获取原文并翻译 | 示例

摘要

When adults talk to infants or young children, they often modify their way of speaking. This modified speech is called "motherese" or "infant-directed speech" (IDS) and is said to differ from "adult-directed speech" (ADS). However, the precise manner in which IDS differs from ADS is not entirely clear. The present study examines a Japanese infant-directed speech corpus (RIKEN Japanese Mother-Infant Conversation Corpus (R-JMICC)), focusing especially on how moraic phonemes or "special moras" (second half of long vowels, moraic nasala, and moraic obstruents) are distributed in IDS. Results indicate that: (1) the rate of occurrence of moraic phonemes is higher in IDS than in ADS, (2) the relative frequency of particular word classes such as onomatopoeia and mimetics is higher in IDS than in ADS, and (3) onomatopoeia and mimetics that appear in IDS contain special moras more often than do those that appear in ADS. These results open up the possibility that infants are exposed to many instances of special moras through onomatopoeia and other word classes in IDS.%母親による乳幼児への話し方は“motherese”またば‘infant-directed speech”(IDS)と呼ばれ,成人に対する話し方(adult-directed speech(ADS))と異なるとされている。しかし,その詳細については明らかでないことが多い。本稿では,22名の母親による対乳児音声を収録した「理研日本語母子会話コーパス」を用いて,IDSの特徴を,特に日本語独特のリズムを構成する特殊モーラ(長音,促音,撥音)の分布に注目して検討した。その結果,(1)IDSはADSより特殊モーラの出現率が高いこと,(2)オノマトペなど特定の語種の相対頻度がADSに比べてIDSでより高いこと,(3)IDSで用いられるオノマトペはADSのそれと比べて特殊モーラを多く含んでいること,などが明らかとなった。これらの結果から,IDSで多用されるオノマトペなどを通じて,乳幼児は特殊モーラに接触する機会が多く与えられている可能性が示唆された。
机译:当成年人与婴儿或幼儿交谈时,他们通常会改变其说话方式。这种修改后的语音称为“母亲语音”或“婴幼儿语音”(IDS),并且据说与“成人语音”(ADS)不同。但是,IDS与ADS不同的确切方式尚不完全清楚。本研究研究了日本婴儿指导语音语料库(RIKEN日本母婴会话语料库(R-JMICC)),重点研究了m音或“特殊spec”(长元音的后半部分,m鼻和and) )分布在IDS中。结果表明:(1)IDS中的m声音素的发生率高于ADS;(2)IDS中特定词类(如拟声词和拟声词)的相对频率高于ADS;(3)拟声词和出现在IDS中的模仿物比出现在ADS中的模仿物更常见。这些结果揭示了婴儿可能通过IDS中的拟声词和其他词类接触到许多特殊的情绪。%母亲による乳幼児への话し方は“ motherese”またば“婴儿定向语音”(IDS)と呼ばれ,,成人に対する话し方(成人演讲(ADS))と异なるとされている。しかし,その详细については明らかでないことが多い。本稿では,22名の母亲による対乳児音声を收录した「理研日本语母子会话コーパス”を用いて,IDSの特徴を,特に日本语独特のリズムを构成する特殊モーラ(长音,促音,拨音)の分布に注目して検讨した。その结果,(1)IDSはADSより特殊モーラの出现率が高いこと,(2)オノマトペなど特定の语种の相対频度がADSに比べてIDSでより高いこと,(3)IDSで用いられるオノマトペはADSのそれと比べて特殊モーラを多く含くこれらの结果から,IDSで多用されるオノマトペなどを通じて,乳幼児は特殊モーラに接触する机会が多く与えられている可能が示唆された。

著录项

相似文献

  • 外文文献
  • 专利
获取原文

联系方式:18141920177 (微信同号)

客服邮箱:kefu@zhangqiaokeyan.com

京公网安备:11010802029741号 ICP备案号:京ICP备15016152号-6 六维联合信息科技 (北京) 有限公司©版权所有
  • 客服微信

  • 服务号