【24h】

シニアと学生-原子力老若問答 最終回 第十六話 放射線の利用は進むか、 第十七話 日本の技術は世界の牽引役になれるか

机译:年长者和学生-核的年轻人和年轻人的问题与答案第16部分:利用放射线进步,第17部分:日本技术可以引领世界

获取原文
获取原文并翻译 | 示例

摘要

院生(修士)M1卒論で、放射線の医療利用に関連し て、加速器の研究をしています。将来の放射線の利用 にはどのようなものがあるのですか。 シニアA 放射線利用は現在でも非常に進んでいて、 関連産業として捉えれば、関連製品やサービスの年間 売り上げは8兆円にも達するのです。
机译:拥有M1毕业论文的研究生(硕士学位)正在研究与辐射医学用途有关的加速器。辐射的未来用途是什么?即使到现在,高级A辐射的利用仍然非常先进,如果将其视为相关产业,相关产品和服务的年销售额将达到8万亿日元。

著录项

  • 来源
    《原子力eye》 |2008年第3期|p.68-69|共2页
  • 作者

    益田 恭尚;

  • 作者单位

    日本原子力学会シニアネットワーク連絡会(SNW);

  • 收录信息
  • 原文格式 PDF
  • 正文语种 jpn
  • 中图分类 TL1;
  • 关键词

相似文献

  • 外文文献
  • 中文文献
获取原文

联系方式:18141920177 (微信同号)

客服邮箱:kefu@zhangqiaokeyan.com

京公网安备:11010802029741号 ICP备案号:京ICP备15016152号-6 六维联合信息科技 (北京) 有限公司©版权所有
  • 客服微信

  • 服务号