【6h】

原子力委員会核融合専門部会報告書「原子力政策大綱等に示している核融合研究開発に関する基本的考え方の評価について」の概要

机译:核电核聚变特别委员会的报告提要“对核政策提要中对聚变研究和发展基本概念的评价”

获取原文
获取原文并翻译 | 示例

摘要

原子力委員会は、平成17年10月に、原子力発電やrn放射線利用の推進に関して、今後10年程度の間に各rn省が推進するべき施策の基本的方向性や、原子力行政rnに関わりの深い地方公共団体、事業者、国民各層等へrnの期待を示した原子力政策大綱を策定した。rnわが国の核融合研究開発は、原子力政策大納にもあrnるとおり、「第三段階核融合研究開発基本計画」(平成4rn年6月原子力委員会決定)に基づき進められている。まrnた、平成15年から、原子力委員会核融合専門部会にrnおいて、その第三段階計画の進捗状況に関する総合的rnなチェック・アンド・レビューと、その結果を踏まえrnた今後の核融合研究開発の推進方策について検討され、rn報告書「今後の核融合研究開発の推進方策について」(以rn下、「推進方策について」という)がとりまとめられていrnる(平成17年10パ)。
机译:2005年10月,原子能委员会宣布了在未来十年左右的时间里,每个省在促进核能发电和辐射利用方面将采取的措施的基本方向,我们制定了《核政策纲要》,显示了深层地方政府,企业和各级人民的期望。与大野的核政策一样,日本正在根据“第三阶段核聚变研究与发展基本计划”(由原子能委员会于1992年6月决定)促进日本的核聚变研究与开发。自2003年以来,核能委员会的核聚变特别委员会已经对第三阶段计划的进展以及未来的核活动进行了全面的检查和审查。已对报告“ Fusion R&D的促进措施”进行了审核,并已编制了报告“ Fusion Fusion R&D的促进措施”(以下简称“促进措施”)(2005年10月)。 ..

著录项

  • 来源
    《原子力eye》 |2009年第5期|32-33|共2页
  • 作者

    渡邉 陽平;

  • 作者单位

    内閣府 原子力政策担当室;

  • 收录信息
  • 原文格式 PDF
  • 正文语种 jpn
  • 中图分类
  • 原文服务方 国家工程技术数字图书馆
  • 关键词

站内服务

联系方式:18141920177 (微信同号)

客服邮箱:kefu@zhangqiaokeyan.com

京公网安备:11010802029741号 ICP备案号:京ICP备15016152号-6 六维联合信息科技 (北京) 有限公司©版权所有
  • 客服微信

  • 服务号