【24h】

楽曲事例の学習による音楽的スキーマの獲得とそれを用いた自動作曲システム-音楽知覚·認知を考慮した評価ユニットのためのフィルタ

机译:考虑音乐感知和识别,通过学习音乐盒和自动组合系统获取音乐架构和自动组合系统。考虑音乐感知和识别

获取原文

摘要

計算機械を用いて楽曲の自動生成を行うという研究分野は, 計算機械と同じ歴史の長さを持つ. 1957 年にL. Hiller とL. Isaacson により, 初期の計算機械ILLIAC を用いて作曲された「ILLIAC 組曲」[1] がこの先駆けである. 以来様々なアルゴリズムが提案され多くの自動作曲システムが生み出されてきた. 与えられた歌詞のデータから作曲を行う「Orpheus」[2] や商用システムであるBand-in-a-Box などが近年の日本において代表的である.自動作曲システムの多くは一定のアルゴリズムにしたがって楽曲の生成を行う. しかしこの生成された成果物に関しては, 人間による最終的な評価や取捨選択が必要である. 楽曲を生成して評価を行い取捨選択をする, という人間の創作活動のプロセスにそったシステムは, 楽曲の評価という面において未だ課題が多い.本研究では既存楽曲を事例データとして学習し, その学習結果を用いることで作曲とその評価を行うシステムの構築を目指している. このシステムは曲の生成ユニットと評価ユニットを持つ. システムは図1 に示すように試作曲の生成とその評価を繰り返し行うことにより, 楽曲の完成を目指す.本稿では評価ユニットに用いる特徴抽出フィルタについて述べる.
机译:即使用计算机自动生成音乐研究领域有相同的历史长度为计算机。1957年,L.培土和L. Isoacson使用初始计算机ILLIAC“ILLIAC套件” [1]是本提前创作的。由于各种算法已经被提出并且许多自动组合系统已被建立“奥菲斯” [2]和商业系统,其从给定的歌词BAND-IN-A-BOX等的数据撰写代表在日本最近多年来,许多自动镇静系统会根据一定的算法产生音乐。但是,对此产生的产品是最终的人类,需要一个评估和双工选择的系统。生成并截断人类创造活动的系统音乐仍然是音乐。这项研究评估方面仍然更多的挑战为了解现有的音乐作为个案数据,并使用学习的结果,我们的目标是建立一个系统,执行合成和评估。该系统具有一首歌产生单元和评估单元,该系统如图1所示。作为产生原型和其评价的结果,我们的目标是完成音乐。在本文中,我们描述了用于评估单元中的特征提取滤波器。

著录项

获取原文

联系方式:18141920177 (微信同号)

客服邮箱:kefu@zhangqiaokeyan.com

京公网安备:11010802029741号 ICP备案号:京ICP备15016152号-6 六维联合信息科技 (北京) 有限公司©版权所有
  • 客服微信

  • 服务号