【24h】

中国古典文学における庭園理水手法の現代住宅団地の水景施設計画への応用について

机译:关于中国古典文学中的花园水管理方法在现代住宅小区水景设施规划中的应用

获取原文

摘要

水は中国古典庭園の五つの要素の一つである。明末期計成の築庭の名著『園冶』には「高方欲就亭台、低凹可開池沼、ト築貴従水面、立基先就源頭(高い所は亭にし、窪hだ所は池や沼にする。家を築く時に大事なのは水面に従い、敷地を選定する前に水の源を捜すことである。/翻訳は主著者。以下同)」と総括している。築庭の中で、水は一番豊かな生気を持つ景観要素である。そのために、「無水不成園(水なしでは庭園と言えず)」と言われている。
机译:水是中国古典园林的五个元素之一。在明末季承建筑的杰作《圆叶》中,盖房子时,重要的是要跟随水面并寻找水源,然后再选择地点。同样适用于以下内容。”水是花园中最丰富,最有活力的景观元素。因此,它被称为“无水未开发的花园(不能称其为无水花园)”。

著录项

相似文献

  • 外文文献
  • 中文文献
  • 专利
获取原文

联系方式:18141920177 (微信同号)

客服邮箱:kefu@zhangqiaokeyan.com

京公网安备:11010802029741号 ICP备案号:京ICP备15016152号-6 六维联合信息科技 (北京) 有限公司©版权所有
  • 客服微信

  • 服务号